意外と見落としがちな合宿免許の注意点

合宿免許に参加する時、普段は行く機会のない土地に行こうと考える方が多いでしょう。

リゾート地や観光スポットなら旅行気分で楽しく参加できるはずです。

今、最も注目を集める合宿免許のお得情報を公開します。

しかし、ここに落とし穴があるのです。

というのも、道路状況は地域によって異なります。

例えば、地方にいくほど交通量は少なくなりますが、都会では道路状況が混雑しており、車線の数も走行車の数も地方の比ではありません。その分、交通ルールで規制された場所も多いでしょう。
免許取得後に都会で運転をする人は田舎で運転技術を学んでもあまり役に立たない可能性があります。
逆に地方の人が都会で合宿免許に参加すると、運転技術は高くなり、自信もつくかもしれませんが、スムーズに教習をクリアできない可能性があります。

合宿免許では約2週間というタイムスケジュールで管理されているので、補修が続けば予定通りに帰宅できなくなります。



これは季節でも同じことが言えます。

寒冷地に住む人が冬に暖地の合宿免許に参加しても路面状況が違うので、帰宅後の運転に苦労するかもしれません。



運転は経験なので、いずれにしても運転をしていく中で技術を磨くしかありませんが、合宿免許を選ぶ際は似たような道路状況であることは大切です。二度参加するケースは基本的にはないので誰もが一度きりのものです。
そのため、経験者の体験を参考にするのがおすすめです。


過去の情報を元に自分で納得がいき、後悔のない教習所を選ぶようにしましょう。